30代で東京→名古屋にUターン転職しました。

30代既婚男子。子供2人。日経先物トレードとかプログラミングとか英語とか

<android>絶対座標指定で画像を配置する。

androidswiftと同じような考え方で画像を表示する方法がうまくいったのでメモ。

ていうかandroidでのViewの表示方法はXMLを使って相対指定がメインてなってるけど、多くの人はそうしてるのかなあ。XMLじゃ細かい指定できないし、displayのサイズを取得してその割合の大きさを指定すれば相対指定みたな感じになると思うけど。


swift

//イメージビューの生成
var mainImage : UIImageView  = UIImageView()

//「eye3_left」という画像を設定    
mainimage.image = UIImage(named: "eye3_left.png")

//イメージビューの座標、サイズを指定(x=200,y=250,width=100,height=150)
mainImage.frame = CGRectMake(200,250,100,150)

 //画像の表示
 self.view.addSubview(mainImage)

android(mainLayoutはRelative Layoutですでに定義済み)

//Viewをのせる元になるレイアウトを配置
mainLayout = (RelativeLayout) findViewById(R.id.mainLayout);

// イメージビューの生成
ImageView  mainImage = new ImageView(this);

//「eye3_left」という画像を設定        
mainImage.setImageBitmap(BitmapFactory.decodeResource(getResources(),R.drawable.eye3_left));

//画像のサイズの設定(width=100,height=150)
RelativeLayout.LayoutParams lp = new RelativeLayout.LayoutParams(100,150);

//表示座標の設定(x=200,y=250)
lp.leftMargin = 200;
lp.topMargin = 250;

 //画像の表示
 mainLayout.addView(mainImage,lp);