30代で東京→名古屋にUターン転職しました。

30代既婚男子。子供2人。日経先物トレードとかプログラミングとか英語とか

ストレングスファインダーをやってみた

こんにちは、相変わらず今後どうやって生きていくか(=どうやって稼いでいくか)で頭を悩ませています。ピンときたものに対して、とりあえず行動しないと何も分からないって分かってるのにね。


今日はネットで見つけたストレングスファインダーをやってみました。

ストレングスファインダーは、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

テストはこちらから
www.gallupstrengthscenter.com


ちなみに結果は英語しかないのでこちらのサイトを参考にしました。
shunkantoeien.comxn--bckg8a9ab8bxc5fpjscf3i.com




僕の結果は以下の通りでした。


1、最上志向(Maximizer)

・自身の”強み”を活用した場合の成長と利益の大きさを本能的に理解している。
・あなたの才能を評価してくれる人々を常に探している。
・身体的、精神的なエネルギーを「自分がより上手くやるための方法を知ること」に使う。
・正しい取捨選択が成功の鍵となることが多い。
・明確な労働観をもつことで、目的の達成に近づく。
・他人があなたの強みを認めてくれた場合に、最大の力を発揮する。
・生まれながらの才能や獲得したスキル・知識を人に賞賛されたいと感じる。
・自身の才能をパーソナリティや専門性の更なる向上に使う傾向がある。
・すでに高いレベルに達した事柄を更に向上させることを好む。
・繰り返し「より上手くできないか?これが自身のマックスか?」と自問する傾向がある。
・過去の成果や生まれながらの才能に満足してしまうことを「平凡に流れること」だと感じ、危機感を覚え、そうならないために一生懸命になる。
・モチベーションの在処を見つけることに長ける。また、それを利用して他人を鼓舞できる。
・個人個人のユニークさを認め、賞賛する。
・あなたの知識や賛辞は、他の人に対してより大きな活力を与える。


自分の強みをさらに伸ばすことについて、やる気を感じるということかな。これは間違いない。平凡に流れることや弱みの克服について何も価値を感じない。自分の強みに集中したいと考えていることは僕が今後の人生のテーマにしていることと一致。


xn--bckg8a9ab8bxc5fpjscf3i.com




2、目標志向(Focus)

・明確な行き先を常に求め、毎日「私はどこに向かっているのか?」という質問を自問するような傾向がある。
・行き先が明確になっていないと、日々の生活に不満を募らせやすい。
・毎年、毎月、毎週、毎日という様々な単位で細かに目標設定できる。
・目標と照らし合わせ、日々の行動をふるいにかけて最適な行動を選択することに長ける。この【目標志向】という強みによって、あなたは効率的になれる。
・遅れや障害、本筋から外れる行動について他の人よりもいらだちを覚えやすい。逆に、この性質によって集団を正しい道から逸れさせないような役割において高い適性を発揮する。
・目標へ到達するために役立たない行動について、それがどんなに魅力的に思えても重要性の観点からそれを排除することができる。


これもぴったり。特に行き先が明確になっていないと、日々の生活に不満を募らせやすいというところはまさしく現状。集団を正しい道から逸れさせないような役割というのも意識していなかったけど、前やったプロジェクトで発揮できてたのかも。

目標志向



3、未来志向(Futuristic)

・「もし、・・・だったらきっと素晴らしいなあ」と未来を見つめて色々なことを空想するタイプであることが多い。
・未来に待ち受けているかもしれない事柄の細かい詳細まで鮮明にイメージできる。
・どのような情景を未来にイメージするのかはあなた自身のほかの【強み】によって決まることが多い。
・鮮明なイメージによって、【未来志向】を強みに持つ人は日々の活力を得る。
・あなたの描く鮮明な未来へのビジョンは、他の人にも活力を与えることが多い。他の人は未来の話について、あなたのビジョンを聞きたいと感じる。
・言葉を慎重に選び、話の中であなたのビジョンを活き活きと描く能力を高めることで、多くの人を動かすことのできる人材になれる。


ええ、妄想癖があります。自身の強みを最大限発揮することで目標を達成し自立した生活を送っていることを毎日妄想しています。


未来志向




4、自己確信(Self-Assurance)

・心の奥深くで、自分の強みを強く確信している。
・リスクをとって新しい挑戦をし、最も重要なことについて成果を出すことができる。また、そのことについての確信がある。
・自身の見解が独自かつ独特なものであるという認識があるとともに、そのような自身の判断に対して絶対の自信を持っている。
・自らの頭で考えて、それに基づいた行動によって責任をとることに恐れが無い。むしろ、それを当然のものとして考えている。
・態度が確信に満ちており、他の人にはない貫禄を備えていることが多い。
・多少の説得力があったとしても、他人の意見に安易に流されることは滅多に無い。


確かに人の言うことはあまり聞きません。というか自分で深く考えたことが一番正しいと思っています。


自己確信




5、内省(Intellection)

・頭脳活動が好きで、考えることを好む。
・問題を解くにせよ、アイデアを出すにせよ、他人の感情を理解するにせよ、脳を刺激して縦横無尽に働かせる活動をやりたいと感じる。
・何に思考を集中するかは、あなたの自身の「ほかの強み」によることが多い。
・一人での時間を大切にし、楽しむ傾向がある。
・【内省】という資質により、実際の行動と頭の中で検討したこととのギャップに不満を感じることがあるかもしれない。


一人の時間好きです。頭の中でぐるぐる考えてるのも好きです。たまにしんどくなるけどね。


内省




ということで、僕の強みは上記5個でした。

しかし、他人との協調とか調和とか全く出てこないね。根本的なところで他人をあまり信用してないんだろうね、多分。結局自分の人生だし人の意見聞いても無駄って思ってるところがあってあまり他人に相談はしない。その割に自分でこれと決めたものは頑張るみたいなそんな扱いにくい性格ってことやね。