30代で東京→名古屋にUターン転職しました。

30代既婚男子。子供2人。日経先物トレードとかプログラミングとか英語とか

うちの家族は終わりだと子供は言った

最近の僕は休職中なので無職のような生活をしている。そして、今後いま勤めている会社に戻るつもりもあまりない。かといってこの先の進路が決まっているわけでもない。妻は専業主婦である。要は、八方塞がりみたいな状況なのだ。そりゃ嫁だって僕が仕事もせずにウダウダしてりゃストレスはたまる。来年には子供は小学生だし。いくら僕が精神疾患で休職中といっても、最近は毎日外に出て、こうやって文章を書くくらいは回復している。


そんな妻にとってもストレスがたまる状況の中で、子供(5歳、男子)は好き勝手に家で振る舞っている。5歳の子供といえば反抗期である。そのため、妻が言ったことを無視したり、妻に対して大声を出したりすることもある。そんなことが重なって妻はすっかり元気をなくしてしまう時がある。妻からしてみれば、旦那である僕が仕事もせずに家でゴロゴロしていて妻の行動を監視(実際は監視しているわけじゃなく、単に妻と子供のやり取りが聞こえてくるだけであるが)しているので、やはりそれだけでもストレスがたまるたしい。それに加えて子供がまったく言うことを聞かないとなればストレスが最高潮にたまるのだ。そして、妻はストレスがピークに達すると、何も言わずに一時的に家から出ていってしまうことがある。(といっても1時間程度で帰ってくるプチプチ家出みたいなものだが)

妻が出ていこうとするとき、子供は泣きじゃくって「ママ行かないで」というのだが妻は何も言わずに家を出て行く。これは将来子供に心の傷が残らないか少し心配になる。とは言え、僕も妻も親であるが、その前に一人の人間なのだ。僕は現在の会社に勤めていることのストレスが強すぎて心療内科に通い、会社を休職しているし、妻だって毎日ずっと子供と向き合っているのである(これが専業主婦世帯のデメリットだと思う)。

そんなことが続くと親だといえど、子供のことがまともに考えられなくなることもあるだろう。そして、数日前にそのことが起こったときに、子供は泣きながら僕に話してくれた。


「ママが言ってたけど、うちの家族はもうおしまいなんだよ。。」


5歳の男の子に泣きながらこの言葉を言わせてしまう親としての情けなさから僕もその場で泣いてしまった。少し聞いてみると、僕が心療内科に通い現在の会社を休職し、今後長く勤めるつもりもないという状況から妻が子供に対して話したことらしかった。そんなことを子供に言わせながら、まだ僕は会社に復帰せずにこうやって平日の昼間からスタバでブログを書いている、ダメな親なのである。


でも、みんな子供のためにほんとに嫌な仕事でも我慢して続けているのかな。いくら子供のためだとはいえ、子供が成長する前に自分がストレスで病気になってしまうと思うんだけど。幸か不幸か、現在勤めている会社は、勤務地や仕事内容の自由はまったくないものの年収や待遇がよいので逆に辞めることを悩むという皮肉な結果となっている。。